一般財団法人とは

税制の優遇がある非営利型一般財団法人とは

一般財団法人は、営利事業も非営利事業も幅広くいろいろな事業を行うことができる法人形態です。 税金面では収益事業のみ課税される「非営利型一般財団法人」 と 全ての所得に課税される「普通の一般財団法人」に分けて、課税があるかどうかが決められています。 非営利型一般財団法人 税務上の優遇 非営利型の一般財団法人は、税務上の「収益事業」にのみ課税され、収益事業に該当しない事業には課税されません。 法人税法…

タグ

一般財団法人とは

一般財団法人とは、設立者(1名以上)が一定額(300万円以上)の財産を拠出して設立された法人で、拠出された基本財産を運用して事業を行います。 法人としての意思決定をする機関として評議員(会)があります。 法人を経営者として理事を、その監査役として監事を選任し、法人経営を委任します。 会社に例えると、評議員会が株主総会、理事が取締役、監事が監査役に相当する役割を持ちます。 事業目的に制限はありません…

タグ