一般財団法人とは

一般財団法人とは

一般財団法人とは、設立者(1名以上)が一定額(300万円以上)の財産を拠出して設立された法人で、拠出された基本財産を運用して事業を行います。

法人としての意思決定をする機関として評議員(会)があります。
法人を経営者として理事を、その監査役として監事を選任し、法人経営を委任します。

会社に例えると、評議員会が株主総会、理事が取締役、監事が監査役に相当する役割を持ちます。

事業目的に制限はありません。
メンバーの利益を図る共益的事業でも公益的事業でも行うことができます。

財団法人を設立するには設立者(1人で可)が財団の目的の事業を決めます。
設立時の定款に目的を変更することができると規定を置いていない場合は、設立時の目的を変更することは出来ませんので、注意が必要です。

ご相談・ご依頼はお電話かインターネットから受け付けております。
ハイク行政書士法人
担当行政書士:熊谷 竜太
インターネットからのご相談・ご依頼はコチラ(24時間受付)
電話:03-6423-7158(10:00~19:00 月曜日~金曜日)
お問い合わせボタン

タグ

関連記事